女の寿命は250歳

多産系ママ起業家で妊娠中の癌サバイバー披露山財子

王子様と結婚したら執事もナ二ーも兼ねてて得した件

ceozaiko.hateblo.jp

現在、絶賛「切迫早産」自宅安静中の著者でありますが、

階段の昇り降りが、陣痛促進にも良いと言われる位なので堪えるんですね。

手ごたえを感じるほどズンズン下がって来ます。

なので、二階にある寝室でhulu観たり、こうやって楽しくブログ書いたり

させて貰ってるわけですが、こうしている間にも階下ではこども達の

歌う声が聞こえ、旦那さんがバーニャカウダを作って持って来てくれました。

この距離感最高です(笑)リビングのソファーに座っていたなら、確実に一人は膝に乗り

一人はおぶさってますから、かなりの負荷にw ひっぺがすと泣いちゃうし

泣き声聞くと子宮が収縮するし もうしっちゃかめっちゃか

自宅安静をする際に、実家のある大阪に母が

こどもたちを連れて帰ろうかという話にもなりました。

(商売をやっていて、こちらに来て長期間の滞在が難しい為)

いくら血縁とはいえ、まだ2歳と1歳で両親から離れていつになるか

わからないお産を待つなんて可哀想!といいつつ、

離れられない、離れたくない著者なのです。

こどもは順応性ありますから、案外ばぁさんたちにこねくり回されてたら

平気なのかもしれませんが、様子や気配のわかる距離で

きゃんきゃん騒ぐ声を少し遠くで聞いていたいという贅沢を叶えてくれるのは、

旦那さんなんですねぇ~デレデレ。

お産には必ず立ち合い、初めて抱くのもパパで産後もスリング係という

子煩悩っぷりは、かなり楽させてもらってる感あります。

 

以前から常々思っていたことなんですが、中東問題なんかを見てるとですねぇ

女性を支配し抑圧したり、いじめてる国は、争いばかりで繁栄もしないし

結果、男性にとっても、とても暮らしにくい

苦しい状況を作りあげていると思うんです。

あんなに美しい文化、芸術性をもっていてもです!

アラベスク文様の刻まれたブルーのモスクや

ステンドグラスのランプの美しいことったらないですよね。

 

【iPhone6s/6】ハードケース 総柄

【iPhone6s/6】ハードケース 総柄

 

 

一方で、レディーファーストの根付いているアメリカ、イギリスなんかは、

女性がのびのび活躍しているし結果、勝ち続ける

世界の憧れる国で

あり続けるんですよね?

 

勝利の女神っていうくらいだから、カギとなるのはオンナですよ!

 

( 国旗がファッションに気軽に取り入れられるって面白いですよねw

しかも、他民族に! 日の丸だとそうは、いかない気が?なぜ?)

国家より小さな団体、市町村や企業、家庭においても同じことが

言えるのではないでしょうか?

愛を循環させる女性性 ママが笑顔なら家庭も明るく楽しい

ママが耐えて忍んで苦労する家庭に繁栄はあり得ません。

ママはわがママ あるがママ そうさせられる男の懐の深さと素晴らしさ

 

子宮委員長はるの子宮委員会

子宮委員長はるの子宮委員会

 
ゲスな女が、愛される。-あっという間に思い通りの恋愛ができる!
 

 

 

…つづく。

[http://   ]